第5羽「明日から突然、イェニチェリが10倍になったら、神さまを信じてもいい。」

トルコ特集に需要がないことはわかっているのですが・・・


こんな楽しい文明初めてやっ!!!


と痛快に感じてしまっているので、空気を読まずに続行しようと思います。







皆様こんにちは、AOC界のレンネンカンプことタママでゴザイマスよO(≧∇≦)O


皆様は・・・


巷には文明「ランダム」を好んで使用する・・・


いわゆる「ランダマー」と呼ばれる人たちが相当数いることはご存知であると思います。


タママ的所見でいくと、このランダマーという種類の人種は、


AOCというゲームに共通して流れる王道というかパターンというものをしっかり掴み・・・


なおかつ・・・


ランダムで選ばれた文明の特徴を活かしていく・・・


いわゆる「出来杉君」タイプであると言えます。



それに対し・・・


アステカ民兵、日本軍平、スペイン塔、即コンキ、即羽弓、南米即帝等等・・・


明らかに特化しまくった戦術・文明を好む人々もいます。


仮にこういった方々を「特化」タイプと名づけようと思います。


こういった説明を読んでみると、


汎用性の「出来杉君」タイプより、文明特性を活かした「特化」タイプの方が明らかに強いんじゃね?


とお思いになるかとしれませんが、


実際には「出来杉君」タイプは、絶えず文明特性としての特化部分を取り入れていますので、


強さという点においては遜色がないわけであります。


それどころか、多くの戦術に触れる機会の多い「出来杉君」タイプの方が、


応用力、対応力に優れているという面もあるようです。



長々とタママ的所見を書いてみたのですが、一体何を述べたいのかと申しますと・・・


トルコをレギュラー文明で使用する場合・・・


涼やかでかっこいい、オールラウンダー「出来杉君」タイプではなく、


愚直でやや陰湿な、専業「特化」タイプ


に傾倒する必要があるのかな、ということです。



本日のラッキービックリ
民兵即したら帝王INまで斧研究してなかった・・・(実話)
[PR]
by tamam2to | 2010-01-23 20:00 | トルコ(aoc)
<< 第6羽「城主以前の劣勢に耐えう... 第4羽「トルコでは対処できない... >>